データサイエンティストに最適な求人情報の探し方、転職先は?

 

 

データサイエンティストは、業界を問わず、多くの企業で求められている存在です。ビックデータなどを活用する企業が増えるにつれ、データサイエンティストの需要は増加の一途をたどっており、この傾向は衰えることがありません。

 

本記事では、データサイエンティストとして最適な転職先を見つけるためのヒントを解説します。

 

具体的には、業界別のデータサイエンティストの需要、データサイエンティストに注目している企業、データサイエンティストの求人・就職先について解説します。また、採用担当者とのやり取りで気をつけるべきポイントなど、データサイエンティストとして転職を成功させるためのヒントもお伝えします。

 

ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

 

データサイエンティストの需要

企業がビックデータなどの活用を促進するにつれてデータサイエンスの分野は急速に進化しています。データサイエンティストの需要は高く、IT業界だけではなくあらゆる業界からデータサイエンティスト人材の雇用を求めています。

 

データサイエンティストの需要増加の大きな要因の1つは、多くの企業にビックデータやAIといったものの活用がされ始め普及しつつあることです。そのため企業からは、ビックデータやAIの活用が重要性と価値を認識し始めています。そのため、データサイエンティスト需要は増加しているのです。

 

データサイエンティストに注目している企業

データサイエンスに関しては、現在、多くの企業や組織で求められています。データサイエンス分野の世界的なトップ企業として、Amazon、Apple、Google、Facebook、Microsoft、IBM、Netflixなどがあり、これらの企業はいずれも、データを最大限に活用するためにデータサイエンティストを積極的に採用しています。

 

今後、日本においてもヘルスケア・広告・アパレル・金融・電力多様な業界で有能なデータサイエンティストが求められてきています。データサイエンスのスキルを持った方にとって「売り手」市場になってきています。なによりもビックデータを分析しそこから出てきた課題を解決し会社に大きな利益を貢献するデータサイエンティストは多くの企業で求められてくるでしょう。

 

データサイエンティストの求人・就職先

データサイエンティストを必要とする企業に共通するものは、ビッグデータを扱っているという点です。大量なデータから必要な情報を収集分析するため、必要としている企業はある程度限られてきます。まずポータルサイトであり、これは大規模データの塊といえます。

 

様々なサービスを扱っているためデータ量も莫大になり、さらに利用する人も必然的に多いのが特徴です。そのため利用者がストレスなく使えるためにも、データ分析は欠かせないものになります。またECサイトも必要であり、売上向上のためには利用者がどのような目的で使っているのか把握することが必要です。購入履歴を解析したりそれに対する購入予測、課題への対策を提示し売上げの向上には必要不可欠です。

 

ソーシャルゲームサービスも重要なものであり、どのようにユーザーを楽しませて課金してもらえるのかという目的のために分析しています。広告収入や課金が主な収益方法であり、それをより効率的かつ満足してもらえるようにするにはとても大事なことです。

 

このようにデータサイエンティストを必要とする企業には、ビッグデータを扱っているところが多いです。しかし大規模データを扱っていなければ必要ないかというとそうではなく、顧客満足度を上げるためには収集分析は必要になります。ある程度の知識のある社員に任せることも選択肢ですが、しっかりとした専門知識を持った人を利用することで売り上げなどの向上を期待できます。

 

まとめ

データサイエンティストは高い需要があり、この分野は成長を続けていくことでしょう。あらゆる業界の企業が経験豊富なデータサイエンティストを求めています。そのためには知識はもちろんのこと経験を積むことでより多くの企業に求められる人材になることができるでしょう。