プログラミングを学ぶ前にやるべきこと

データサイエンティストになるためにはプログラミングスクールで学習することで効率的に目指すことができます。

 

そのためにはプログラミングを学ぶことが必要でそのためにやるべきことを3つご紹介します。

 

プログラミングのメリットを考える

プログラミングができるとどういうメリットが得られるか、それを考えることが最初に必要だといえます。曖昧で分からないままだと途中で挫折してしまうかもしれませんし、楽しく感じられなかったり苦痛になることもあり得るでしょう。

 

その為、プログラミングを学び始める前にはまず、自分にとってのメリットを明確にすることが大切です。メリットがハッキリすれば興味が湧いたりモチベーションを保ちやすくなりますし、小さい目標を設定してそれに挑戦するといったことも可能になります。

 

また、大きな目標を達成した時の喜びもひとしおですから、やはりプログラミングのメリットを考える重要性は高いです。考えても浮かばない場合は、プログラミングに詳しい人の話を聞いたり相談して、自分なりの結論を見つけることをおすすめします。

 

コンピューターに関する基礎知識を学ぶ

当然ですが、プログラミングはコンピューターなしでは成り立たない技術なので、コンピューターに関する基礎知識を学んでおくことが大事です。

 

具体的にはコンピューターのハードウェア面と、ソフトウェアのOSの基本を押さえることがポイントになります。最低でもコンピューターを構成するパーツを覚えたり、役割について理解することが重要です。

 

一方、OSとはどのようなものか、大まかにでも基礎知識を学んで身につけるのがおすすめです。全く知識がない状態でいきなりプログラミングに挑戦しようとしても、いずれ基本的な仕組みが分からず行き詰まることになるでしょう。そうなった時は結局コンピューターについて学ぶことになるわけですから、それなら最初から基礎知識を頭に入れておく方が合理的です。

 

学習環境を整える

学習環境はプログラミングに限らず大事で、これを整えておくのとおかないのでは大きな違いとなります。プログラミングで何をするかにもよりますが、例えばゲーム制作に挑戦するのであれば、なるべく予算内でスペックの良いコンピューターを用意するのが正解です。

 

型落ちの旧型でもプログラミングを学べないわけではありませんが、プログラミングは試行錯誤の連続ですから、やはりスペックが優れている方が作業効率も良くて快適です。これが処理能力の落ちる古いコンピューターだと、コーディングから実行までに時間を要してしまい、その度に待ち時間が生じることになります。

 

しかし、性能の良いコンピューターであれば、より短時間で実行できるようになるので、待ち時間が減って試行錯誤すら楽しくなるはずです。度々ネットで調べ物をすることになることから、インターネット環境も同様に速ければ速いほど理想的です。