データサイエンティストになるには、学生が就職でなる方法と関連する分野で働いている人がキャリアアップしてなる方法があります。

 

学生からなる場合には新卒で入社後に、素養や知識を身につけられるよう教育されることが多いです。

 

そのため数学や統計学などの基礎知識は、学生のうちに身に付けておくことが大事です。キャリアアップの場合には、代表的なものが三つあります。まずエンジニアからなる場合はITスキルは十分な能力を持っているので、統計学やビジネス知識などを重点的に補いプレゼンテーションの練習を行う必要があります。統計解析の専門家からの場合は、プログラミングの分野の知識を取得できると強みです。

 

分析基盤構築ができるようになれば、すぐにでも活躍できるでしょう。アナリストやコンサルタントからなる際は、IT知識などの基本となることから勉強しなければいけないため大変です。

 

しかしコミュニケーション能力を活かすことができるので、大きな武器にあります。

 

気になる年収の方は?

企業や業務内容により大きく変化します。正社員や契約社員などの雇用形態によっても年収はことなり、350万円から1200万円とかなりの差があるので注意が必要です。平均年収は440万円から870万円となっており、役職によっても変動が大きいです。このようにデータサイエンティストの年収は高くなっていますが、それには莫大な知識が必要になっているのでそれを把握しておくことが大切になります。